MENU

ドコモhome5Gの評判からわかったおすすめの方とデメリットや注意点

ドコモhome5gの評判からわかったおすすめの方とデメリットや注意点

ドコモhome5G(docomo home 5G)は、2021年に登場したホームルータで、発売前から予約が殺到するほど人気があります。

そんなドコモhome5Gの最大の特徴は、データ容量が無制限であることです。

このページをご覧の方のなかにも、データ無制限という点に惹かれてドコモhome5Gが気になっている方が多いかもしれません。

そこで今回は、本当にデータ無制限で利用できているのかなど、ドコモhome5Gの利用者の口コミを厳選しました。

また、口コミを見ることでわかった、ドコモhome5Gのメリットやデメリットから、契約をおすすめできる人まで詳しく解説いたします。

最後には詳しい申し込み方法も説明するので、ドコモhome5Gの契約を検討中の方は、ぜひ最後までお読みください。

ドコモhome5G公式サイト:https://www.docomo.ne.jp/home_5g/

目次

ドコモhome5G(docomo home 5G)の特徴

まずは、ドコモhome5Gがどのようなホームルーターなのかをご紹介いたします。

以下の一覧表で、ホームルーターなどのインターネット通信回線の比較で注目されがちな、通信速度や利用料金などの項目を確認していきましょう。

ホームルーター・ドコモhome5Gの製品概要

サイズ約170×95×95 (mm)
重さ約720g
利用可能回線docomo 5G、docomo 4G PREMIUM
下り最大通信速度4.2Gbps(5G接続時)1.7Gbps(4G接続時)
上り最大通信速度218Mbps(5G接続時)131.3Mbps(4G接続時)
同時接続台数65台
端末代39,600円
月額料金4,950円
割引端末代割引:1,100円×36か月(=39,600円)
キャッシュバック15,000円分のdポイント
契約期間・解約金なし

以上が、ドコモhome5Gの端末性能や料金です。5G回線の高速通信を利用できる点や、データ無制限という点に目がいきますよね。

とはいえ、上記の表だけでは、具体的な速度の速さや料金の安さがわからない方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、ここからはドコモhome5Gの6つの特徴を詳しく解説いたします。

通信速度がネット回線の中でも最高クラスの高速

ドコモhome5Gの最大の特徴は、なんといってもその通信速度です。

理論値となる最大通信速度はダウンロード時に4.2Gbps(5G接続時)と、1〜2Gbpsの固定回線を2倍以上も凌駕するスピードを誇っています。

もし、5Gに接続不可能なエリアにお住まいでも、下りの最大通信速度は1.7Gbpsで、固定回線並みの通信速度です。

ホームルーターは固定回線と比較して回線が不安定とはいえ、実際に利用した際の通信速度の実測値も、固定回線とほぼ変わりません。

固定回線が使えないご自宅の場合、現状の最速速度で通信できるのは、ドコモhome5Gといえるでしょう。

【アップロード速度やPing値は?】
データのアップロード時に重要な上り速度に関しては、5G接続時の最大通信速度で218Mbpsと、ドコモhome5Gはそこまで高速ではありません。
また、データ送信から受信までの応答速度に関係するPing値は、固定回線と比較すると高くなる傾向にあります。
そのため、InstagramやYouTubeなどの生配信や、オンラインゲームのプレイに利用するとなると、ドコモhome5Gでは不満に感じる方もいるかもしれません。
ただし、上記以外の一般的な通信であれば、まったく問題なくWi-Fiを利用できるはずです。

データ容量無制限

データ容量が無制限であることも、ドコモhome5Gが人気を得ている理由となっています。

モバイルルーターをはじめとしたWi-Fiでは、1日や月間で利用できるデータ量に制限がかけられる場合が多いです。

一方、ドコモhome5Gなら、データの容量に制限がありません。1日のデータ通信量を気にすることなく、好きなだけオンラインゲームや動画視聴できます。

【通信制限はある?】

基本的にドコモhome5Gはデータ容量無制限ですが、通信制限が発生する場合もあります。

ドコモ公式サイトによると、通信制限が発生する場合は以下の通りです。

「当日を含む直近3日間のデータ利用量が特に多いお客さまは、それ以外のお客さまと比べて通信が遅くなることがあります。なお、一定時間内または1接続で大量のデータ通信があった場合、長時間接続した場合、一定時間内に連続で接続した場合は、その通信が中断されることがあります。」

参照:https://www.docomo.ne.jp/home_5g/

つまり、1人で大量のデータを使用しすぎた場合、通信を制限される可能性があるということです。

とはいえ、ドコモhome5Gで通信制限が発生するケースはほとんどなく、1日でデータを180GB使用しても通信を制限されなかったケースもあります。

通信エリアが広い

ドコモhome5Gは、大手キャリアのドコモの回線を使用するため、幅広いエリアで利用可能です。

ドコモは日本で最も古い通信キャリアで、全国各地に通信回線を張り巡らせています。そのため、山間部や離島であってもドコモhome5Gでの通信が可能です。

また、5G通信のエリアに関しても、急速に拡大しています。特に都市圏では、多くの部分で5G回線を利用できるので、ドコモhome5Gでも高速通信できるはずです。

コンセントにさすだけですぐに利用開始可能

ドコモhome5Gは、コンセントにプラグを差し込むだけで、すぐにWi-Fiとして利用できます。

多くの場合、固定回線は回線工事が必要で、申し込みからWi-Fiとして利用できるまでの期間は3〜4か月程度です。

一方で、ドコモhome5Gならコンセントをさすだけなので、端末が届き次第すぐにインターネットを利用できます。

通常、申し込みから1週間程度で利用開始できるので、すぐにWi-Fiを利用できるのもドコモhome5Gのメリットです。

3年間の利用で端末代金が無料

5つ目に紹介するドコモhome5Gの特徴は、3年間利用することで、端末代を実質無料にできることです。

ドコモhome5Gには、月々サポートという名の端末割引キャンペーンがあります。

キャンペーンの内容は、36か月間はドコモhome5Gの月額料金から月々1,100円が割引されるというものです。

1,100円×36回=39,600円の割引額は、ドコモhome5Gの端末代と同額になります。つまり、3年間利用し続けると実質的に端末代が無料になるということです。

長期間利用すると端末を無料でもらえるのは、嬉しいポイントですよね。

ドコモのスマホとセットでお得

ドコモのスマートフォンを利用していると、さらにお得にドコモhome5Gを契約できます。

なぜなら、ドコモのスマートフォンとドコモhome5Gの契約者は、home 5G セット割という割引特典を受けられるからです。

home 5G セット割が適用されると、毎月のスマートフォンの利用料金から1,100円割引されます。

さらに、このセット割がお得な点は、家族全員分のスマートフォン利用料金から割引されることです。

ドコモhome5Gの契約者と同一ファミリー割引グループ内の契約者なら全員割引されるので、5人家族の場合は毎月5,500円割引されます。

ドコモhome5Gの月額料金が4,950円なので、実質的に無料でデータ無制限のWi-Fiを利用できるといっても過言ではありません。

以上が、ドコモhome5Gの6つの特徴です。超高速でデータ無制限かつ、お得な料金で利用できるホームルーターだとおわかりいただけたのではないでしょうか。

次は、実際にドコモhome5Gを契約したユーザーの口コミを紹介していきます。ここまで挙げた特徴が正しいのかについて気になる方は、ぜひご確認いただければ幸いです。

ドコモhome5Gの口コミ・評判

ドコモhome5Gは2021年の発売から、データ無制限のWi-Fiとして話題を呼び、多くのユーザーを集めたホームルーターです。

ここからは、そんなドコモhome5Gのユーザーが、実際に使用してみてどのように感じているのかを、口コミや評判から読み解いていきます。

ドコモhome5Gが本当に快適に利用できるホームルーターなのか、確認しましょう。

良い口コミ

⭐️2021年個人的ベストバイ⭐️第1位

圧倒的1位はこれ。docomo home5g  

マジでヤバい。ヤバ過ぎ(笑)🔌挿すだけでWi-Fi環境構築。光回線を超える圧倒的高速。最高速度は710Mbpsを記録。瞬間的には1Gbpsすら表示。平均でも400〜500は出てる。これが本体0円、2年縛りなし、容量制限無し。どうかしてる。

光回線導入が難しい物件に引っ越して困ってたけど、docomoのhome5Gに乗り換えて今のところ快適に使えてる。昼間はほぼ速度制限がかからないのと、夜間も使用データ量に応じた制限は無いのでデータ残量を気にせず使える。

近くの家電量販店でドコモのhome5Gを契約してきた。

契約期間の縛りなし、違約金も無し、おまけに本体代金も大幅に値引きしてたから、初期費用は契約事務手数料程度。

更に月額料金もゴミwifiよりも割安で良い事尽くめ

ドコモHome5G注文した

固定回線引けなかったのは残念だけど

解約金免除だし、本体料金実質無料+キャッシュバックもついてたからお財布へのダメージは全くなかった。

というかキャッシュバックでむしろ得した

https://twitter.com/WILD_SUGAR_/status/1507288393038053378?s=20&t=qlhrranVOUDnDlC_r5ULsw

来月からはhome5Gセット割、みんなドコモ割3回線以上、dカードお支払い割がフルで働くので安くなることに期待。

多分現状のドコモの割引全部使った

ドコモhome5Gに対する良い口コミでは、通信速度やデータ無制限である点を評価する方が多い印象でした。

実際にドコモhome5Gを利用してる方も、高速通信を無制限で利用できており、速度制限が生じたという口コミはほとんどありません。

また、性能が良いホームルーターであるにも関わらず料金が高額ではない点も評判です。

通信速度の速さやデータ無制限、端末無料などの特徴は、やはり実際に利用したユーザーからも高い評価を得ているといえます。

悪い口コミ

home5G、手軽・解約金・5Gだから一見光よりよく見えるけど、分割で買うと3年以内に解約すると結局分割残債残るから、光にして解約金払う方が安いという……月額もマンションタイプと比較すると500円くらい高いし ケー補つけるならさらに550円ぷらすだし……光ならGOLDで10%還元されるし……

docomoのhome5G田舎では全然速度出ない。自分がdocomo使ってない場合には前もって実測不能なので契約してはいけない。初日から8日間は契約破棄可能だがその間も日割りで利用料金取られると言うとんでもない契約。

やはりドコモ Home 5G が不安定。スマホのテザリングの方が安定してる。電波弱いのに5G掴みにいって詰まってるのかね。在宅勤務に支障出てる。設定で4G固定にすれば良いのかな。それなら料金下げてほしいとこだが。

home5gの審査 どのくらいかかるのだろう?

書類送ってから、21日経つがまだ電話こない。

HOME5G契約で15000ポイント貰ったんだが携帯がワイモバイルのオレの場合

アマゾンで使おうと思ったらD払いの手続きがドコモのスマホ、タブレットからしか受け付けてくれない😱

なんか使う方法あるのかな?

ドコモhome5Gに対する悪い口コミでは、月額料金や端末代などの料金に関する不満が多いという結果になりました。

その他にも、通信速度が安定しないという声や、申し込み後の審査に時間がかかるという声もあります。

契約前から料金をネックに感じているのであれば、ドコモhome5Gの通信環境が思ったより快適ではなく、後悔につながる可能性もあるでしょう。

他社のホームルーターとスペックや料金を比較

ここまでドコモhome5Gの特徴や評判を解説してきましたが、本当に契約するなら他社の商材と比較・検討したい方も多いはずです。

こちらでは、ドコモhome5Gと同様にホームルーターを提供する2社(WiMAX、ソフトバンク)と、通信速度や利用料金を比較していきます。

ホームルーター全3社の比較結果は、以下をご覧ください。

home5GWiMAXSoftbank Air
利用回線docomo5G、docomo4Gau5G、au4GLTE、WiMAX 2+Softbank5G、Softbank4GLTE
最大通信速度下り:4.2Gbps上り:218Mbps下り:2.7Gbps上り:183Mbps上り:2.1Gbps下り:612Mbps
同時接続台数65台32台128台
データ容量無制限無制限無制限※夜間に速度制限あり
基本月額4,950円4,268円~4,180円~
端末代3年で実質無料(39,300円)5,940~11,088円3年で実質無料(71,280円)
キャッシュバック15,000円最大5,938円10,000円
契約期間なしなしなし
解約金0円0円0円
セット割ドコモau、UQ MobileSoftbank、Y!Mobile

3社のホームルーターを比較すると、ドコモhome5Gは通信性能で優れているとわかります。

データ容量ではWiMAXと同等ですが、最大通信速度は4.2Gbpsと、他社と比較した際の差は1.5Gbps以上です。

より高速かつ大容量で安定した通信を求めるなら、ドコモhome5Gがおすすめです。

一方で、多少通信速度が遅くなったとしても、料金の安さという点では、Softbank Airに分があります。

また、通信速度やデータ容量、料金の安さなどのバランスの良さでは、WiMAXが最も優れているといえます。

通信速度にそれほどこだわらなくてもいいなら、ドコモで契約する必要はないでしょう。

スマートフォンとのセット割という観点では、全社のホームルーターで1,000円程度の割引があります。

すでに契約している携帯キャリアがドコモなのであれば、料金面でWiMAXやSoftbank Airに劣ることはありません。

ドコモhome5Gのデメリット

利用者の口コミや、他社ホームルータとの比較結果を見ると、ドコモhome5Gには以下のようなデメリットがあるとわかります。

  • 利用料金が高い
  • 端末代が無料になるまでの期間が長い
  • 利用開始までに時間がかかる
  • 15,000円分のキャッシュバックがdポイント受け取り

上記のデメリットは、契約方法などの工夫次第で帳消しにすることも可能です。ドコモhome5Gを契約してから後悔しないように、1つ1つのデメリットをしっかりと確認しておきましょう。

利用料金が高い

ドコモhome5Gは、他社のホームルーターと比較しても、料金が高い傾向にあります。

月々の支払いが5,000円程度になるため、1人暮らし用のWi-Fiとしては負担が大きすぎるかもしれません。

ドコモhome5Gの利用料金を抑える方法として、最も簡単なのはスマートフォンとセットで購入することです。home 5G セット割が適用されるため、ドコモを契約している家族の人数が多いほどお得に利用できます。

その他の安い契約方法としては、家電量販店が独自に展開するキャッシュバックがあり、購入時点で端末がほぼ無料になるというキャンペーン内容です。

常にキャンペーンを実施しているわけではなく、店舗に在庫がないケースも多いですが、ドコモhome5Gを安く契約するなら狙い目の方法といえます。

端末代が無料になるまでの期間が長い

端末代が無料になるまで3年間契約しなければならない点も、ドコモhome5Gのデメリットです。

月々サポートによる割引は36か月間にも及ぶので、端末代が実質無料になるまでに3年かかります。また、通常は端末の支払い回数も36分割となっており、3年間は端末代を支払わなければなりません。

そのため、契約期間がないとはいえ、3年経過していないと、解約時に端末代の残債を一括で支払う必要があります。

契約に縛られるのが嫌な方は、端末を一括購入または少ない分割回数で購入すれば、解約時に高額な料金を払わずに解約可能です。

分割回数による端末代の残債の違いは、以下の表を参考にしてください。

支払金額解約時の残債(1年後)解約時の残債(2年後)解約時の残債(3年後)
一括39,600円×1回無料無料無料
12分割3,300円×12回無料無料無料
24分割1,650円×24回19,800円無料無料
36分割1,100円×36回26,400円13,200円無料

c契約方法と申し込み時の注意点

ドコモhome5Gを契約するまでのステップは、以下の4つです。

  1. ドコモオンラインショップからお申し込み
  2. 本人確認書類等の提出
  3. 与信審査の通過
  4. 端末到着・利用開始

ただし、各ステップにおいて注意しなければ、契約に失敗する可能性があるポイントも存在します。

ステップごとに以下で詳しく解説するので、ドコモhome5Gの契約後に後悔しないためにも、きちんとチェックしましょう。

ドコモオンラインショップからお申し込み

まずは、オンラインショップからドコモhome5Gを申し込みます。ドコモ公式サイトからオンラインショップに遷移して、申し込みフォームに回答しましょう。

ドコモhome5Gは、端末も料金プランも1種類なので、申し込みフォームで迷う箇所は少ないはずです。

申し込みフォームでは、以下の情報の入力が求められます。

  • 本人確認方法の選択
  • 契約者情報(氏名・生年月日など)
  • 契約者住所
  • 連絡先電話番号・メールアドレス
  • 支払い方法
  • 商品の受け取り方法

この後のフローにある審査を円滑に済ませるためにも、入力情報の間違いに注意してください。

支払い方法は、クレジットカード・口座振替・ドコモの携帯とまとめて支払いの3つから選択できます。

【ドコモショップの店頭でも申し込める?】

ドコモhome5Gはオンラインショップと実店舗の両方で契約できますが、お申し込みはドコモオンラインショップをおすすめします。

なぜなら、オンラインショップからの申し込みのほうが、実店舗よりも10,000円近くお得に契約できるからです。

ドコモオンラインショップからの申し込みの場合、ドコモhome5Gの契約時に発生する事務手数料3,300円が無料になります。

さらに、実店舗のドコモショップで契約した際のdポイントキャッシュバックは10,000円ですが、オンラインショップから申し込めばキャッシュバックは15,000円になります。

ショップに行く交通費なども考慮すれば、オンラインショップのほうが断然お得ですよね。

本人確認書類等の提出

お申し込みフォームと一括されている場合もありますが、申し込み後には本人確認書類の提出が必要です。

提出可能な本人確認書類には、以下の書類が挙げられます。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • マイナンバーカード
  • 在留カード
  • 健康保険証
  • 住民基本台帳カード
  • 外国人登録証明書

運転免許証、運転経歴証明書、マイナンバーカード、在留カードを持っている場合は、「オンラインでの本人確認(eKYC)」を利用すると、本人確認が非常にスムーズです。

それ以外の書類を提出する場合は、直接書類をアップロードする方法を選びましょう。

オンライン上での書類提出後、身分証明書の提示が必須の簡易書留を受け取ると、本人確認の完了です。

与信審査の通過

本人確認だけでなく、クレジットカードの支払い履歴に問題がないかなど、与信審査も実施されます。

過去にクレジットカードの滞納履歴が残っていたり、銀行口座に十分な預金が認められない場合には、与信審査におちる可能性もあるでしょう。

この与信審査を通過できずに、ドコモhome5Gを契約できなかった方も一定数存在するのが事実です。

申し込み後に改善できる話ではないかもしれませんが、信用情報に傷がない状態がベストといえます。

端末到着・契約した住所で利用開始

本人確認の終了および、与信審査の通過をもって、ドコモhome5Gの端末が発送されます。

あらかじめ申し込み時に指定した配送先にて、端末を受け取りましょう。

端末が到着したら、SIMカードを挿入しコンセントにつなぐだけで、すぐにWi-Fiに接続できる状態になります。

Wi-Fiのパスワードを入力して、データ無制限の高速通信をお楽しみください。

【登録した住所以外では使えない?】

ドコモhome5Gは、契約者住所とは別に、設置場所住所の登録が必要です。

登録している住所以外の場所でインターネットへの接続が確認されると、自動的にドコモhome5Gのサービスが停止されてしまいます。

dアカウントにメールで通知がありますが、複数回にわたり異なる場所での利用を繰り返すと、自動的に解約される可能性も高いです。

あらかじめ登録した住所とは異なる場所でドコモhome5Gを利用したい場合には、登録住所を変更してから移動するようにしましょう。

ただし、登録住所の変更は月に1回と決まっているので注意してください。

ドコモhome5Gを申し込むならオンラインショップから

ドコモhome5Gは、高速通信とデータ無制限が特徴のホームルーターです。おうちに1台設置すれば、快適なインターネット環境を実現できます。

特に、ドコモのスマートフォンをご利用中の方は、他社よりも安い料金で高機能のホームルーターを利用でき、非常にお得です。

高機能のWi-Fiを導入して自宅環境をより充実させたい方は、ぜひ以下のリンクから、よりお得なオンラインショップでドコモhome5Gを購入しましょう。

ドコモhome5Gのお申込みはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次