MENU

ギガWiFiの評判は?デメリットや注意点について徹底解説!

「ギガWi-Fiの評判ってどうなんだろう」

「ギガWi-Fiを契約してから後悔したくない」

「他社と比較した時にどんな特徴があるのか知りたい」

ギガWi-Fiに関して、上記のように悩んでませんか。契約してから「やっぱり契約しなければよかった」という事態は避けたいですよね。

ギガWi-Fiは業界最安値で100GBのポケットWi-Fiを利用できます。

ただし、運営会社の評判や契約内容を考えるとリスクがあるため万人にオススメできません。

利用する際は、メリットデメリットを見極めた上で納得して利用することをオススメします。

今回の記事では、ギガWi-Fiの評判や口コミ、メリットデメリットに関して徹底的に調査しました。読み進めることで、ギガWi-Fiを利用すべきかどうかが分かります。

是非今後のポケットWi-Fi選びの参考にしてみてください。

目次

ギガWiFiとは?料金プランやスペックを解説!

ギガWi-Fiは、株式会社メディアサービスという会社が運営しています。

まずは、ギガWi-Fiとはどういったサービスなのか、基本的な内容を確認していきましょう。

プラン内容やスペックを以下の表にまとめました。

【料金プラン】

定額100GBプランミニ従量プラン
容量月間で100GB月間で最大20GB
月額料金2,695円~5GB 550円
~10GB 1,045円
~20GB 1,540円
事務手数料3,300円3,300円
通信制限について100GB超過後128kbpsに制限20GB超過後、通信遮断

【端末スペック&通信について】

利用端末※MacaroonSE
利用回線au
docomo 
SoftBank
通信速度下り最大 150Mbps
上り最大   50Mbps
連続使用可能時間12時間
重量125g
同時接続10台まで
容量4000mAh

※公式サイトの記載ではMacaroonSEとU3の端末を取り扱っていると記載があるが、問い合わせたところ現在MacaroonSEをメインとして取り扱っているとのこと。

ギガWi-Fiが提供しているプランには「定額100GBプラン」と「ミニ従量プラン」の2つがあります。

「定額100GBプラン」は、月額料金2,695円で月間100GBまで利用可能です。

ひと月に50GB利用した場合でも、100GB利用した場合でも、2.695円の使用料がかかります。

「ミニ従量プラン」は月で利用した通信容量に応じて月額料金が変動するプランです。

550円から利用でき、月間で最大20GBまで利用できます。

ギガWi-Fiが利用可能な回線は、au、docomo、Softbank、3社のLTE回線です。

3社の回線が利用できるため、比較的安定した通信ができます。

ギガWi-Fiに関するより詳細な特徴は、以下のメリットとデメリットでご紹介しますね。

ギガWiFiのメリット5つ

ギガWi-Fiには5つのメリットがあります。

  1. 通信可能なエリアが広い
  2. クラウドSIM型ポケットWi-Fiの中で最安
  3. 料金の無駄を減らせる
  4. 電子書籍読み放題オプション付き
  5. 即日発送・予約発送に対応している

詳細は以下をご覧ください。

1.LTE回線が使えるため通信可能なエリアが広い

ギガWi-Fiは「クラウドSIM」という技術を利用しているためau、docomo、Softbank、3社のLTE回線を利用できます。

クラウドSIMとは、大手3社のLTE回線のうち、利用エリアで最も強い回線を自動で拾ってくれるシステムのことです。

エリアごとに通信回線を切り替えるので、安定してネット接続が行えます。

ポケットWi-Fiで利用される回線は「LTE回線」と「WiMAX回線」の2つがあるのですが、

WiMAX回線は、LTE回線と比べると対応しているエリアが狭いです。

都市部から離れると電波が弱くなるor利用できないというデメリットがあります。

LTE回線とWiMAX回線の対応エリアをマップで比較してみると、カバーしている範囲の違いが分かるはずです。

【LTE回線】※dobomoのLTE回線

参考→docomo

https://www.docomo.ne.jp/area/servicearea/?rgcd=03&cmcd=LTE&scale=128000&lat=35.686254&lot=139.694936

【WiMAX回線】

参考→UQ WiMAX

https://www.uqwimax.jp/wimax/area/map/default/

マップで確認すると、LTE回線は地域差があまり見られないのに対し、WiMAXは対応エリアが東京、大阪、名古屋といった都市部に集中していることが分かります。

実際、私が住んでいるエリアではWiMAX回線の利用ができません。

WiMAX回線が利用できなかったので、LTE回線が使えるクラウドSIMのポケットWiFに変更したところ、問題なく利用できました。

WiMAXの対応エリアは年々広がっていますが、それでもLTE回線のカバーエリアと比較すると劣ります。

特に地方に住んでいる方は、WiMAX回線だと繋がりづらいかもしれません。

ギガWi-FiはクラウドSIMを採用しているので、WiMAX回線を利用するポケットWi-Fiよりも通信エリアの点で優れています。

2.月間100GBのクラウドSIM型ポケットWiFiでは最安

ギガWi-Fiの100GBプランは、月額2,695円で利用できます。

月間100GB利用できるクラウドSIM型のポケットWi-Fiでは最安値です。

類似サービスで比較してみると、一目瞭然ですね。

以下の表は、いずれも100GBプランの料金です。

ギガWi-FiAir Wi-FiTHE Wi-FiMugen Wi-FiFuji Wi-Fi
月額料金税込2,695円税込3,278円
(サクッとプラン)
税込3,828円税込3,718円税込3,380円
(ちょうどいい
ルータープラン)

月間100GBあればどのくらいネットが利用できるのかというと、Youtubeの動画を解像度360pで見た時に、約410時間見続けられるくらいです。

普段の生活で利用する分には十分な容量ですよね。

また、他社でよくある「3日で10GBまで」という利用制限もありません。

使いたいときはガッツリ使って、使わないときは全然使わない、という使い方をしてもOKです。

加えて、月額2,695円という価格設定は契約期間中に変動しません。

後から高くなるプランではないので月額料金の高騰に悩むことなく利用できます。

コスパよく100GBの大容量が利用できるのはメリットですね。

3.料金の無駄を減らせる

ギガWi-Fiには、利用した容量に応じて月額料金が変動する「ミニ従量プラン」があります。

ミニ従量プランは、以下のような料金設定です。

  • ~5GB 550円
  • ~10GB 1,045円
  • ~20GB 1,540円

使える容量は最大20GBまでしかありませんが、あまりネットを使わない人や月によって利用する容量にばらつきがある人は無駄が発生しません。

例えば、今月は18GB使ったが、次の月は7GBしか使わなかったとします。

この場合の料金は、今月が1,540円。次月は1,045円です。

対して、料金が定額のプランであれば、使用容量に関わらず決まった金額が請求されます。

ネットをあまり使わなかった月は、損をした気分になりますよね。

Wi-Fiを少ししか使わず、月によって使用する量にバラつきがあるならミニ従量プランを活用することで、ムダな料金を払わずに済みます。

4.電子書籍の読み放題オプション付き

ギガWi-Fiを契約すると会員特典として「ビューン」という電子書籍の読み放題サービスが無料で利用できます。

ギガWi-Fiの公式サイトに記載によると、最新号の雑誌が14冊、漫画約10,000誌が利用可能です。

あくまでオマケ程度のオプションですが、普段読んでいる雑誌があるならギガWi-Fiを利用する価値はありそうです。

5.即日発送・予約発送に対応している

ポケットWi-Fiを契約したら、可能な限り早く使いたいですよね。

ギガWi-Fiは最短即日での発送に対応しています。

また、申し込み時に相談すれば予約発送が利用可能です。

もし、来月頭から利用を開始したいという方でも遅延なくポケットWi-Fiを利用できます。

6.オプションサービスが充実している

ギガWi-Fiはオプション内容が充実しています。

ギガWi-Fiで利用可能なオプションは以下のとおりです。

  • クラウド安心サービス
  • AOSクラウド
  • AdGuard
  • バレッドライフ

【クラウド安心サービス】月額660円

故障や保証、水漏れによって機器が壊れたときに端末を交換してくれるオプション。

【AOSクラウド】月額550円

スマホの中にある画像や音楽、書類などのファイルを毎日自動でバックアップしてくれるオプション。

【AdGuard】月額605円

ブラウザやアプリを利用する際表示される広告をブロックしてくれる。

【バレッドライフ】550円

スマホやパソコンの扱い方を学べるサービス。

月額料金が追加でかかってしまうものの、オプションが充実している点はありがたいですね。

ギガWiFiのデメリット・注意点9つ

ここからは、ギガWi-Fiのデメリットや利用時の注意点を9つご紹介します。

  1. 契約機関の縛りが長い
  2. 解約金が高い
  3. 問い合わせに関する評判がよくない
  4. 利用環境によっては通信速度が遅い
  5. 支払い方法はクレジットカードのみ
  6. 海外での利用には向いていない
  7. クラウドSIMは過去に通信障害を起こしている
  8. 解約時に端末代請求のリスクがある
  9. お試し期間の実施がない

詳細は以下をご覧ください。

1.契約期間の縛りが長い

ギガWi-Fiのデメリットは、契約期間の縛りが長い点です。

契約してから2年間は解約できません。

もしどうしても契約期間内に解約したい場合は、解約金を支払う必要があります。

ポケットWi-Fiの業界は短期間で価格の見直しや容量の変更などが多い業界です。

2年も縛りがあると、他に良い条件のポケットWi-Fiが出てきたときに気軽に乗り換えることができなくなります。

契約期間が6カ月~12カ月のポケットWi-Fiや、契約期間の縛りがないポケットWi-Fiも数多くあるため、ギガWi-Fiの契約期間の長さが気になる人は他のポケットWi-Fiを契約したほうがよいでしょう。

2.解約金が高い

ギガWi-Fiは解約金が16,500円かかります。

他社の解約金はおおむね5,000円~9,000円程度なので、比較するとかなり高いです。

もちろん、契約を満了してから解約すれば解約金は発生しませんし「初期契約解除制度」を利用して8日以内に解約することでも、解約金は発生しません。

とはいえ、やはり解約金が高い点はデメリットです。

さきほどもお伝えしたとおり、ギガWi-Fiは契約期間が2年あるため、解約金の高さと合わせると、一度契約してしまうと、気軽に乗り換えるのは難しいでしょう。

3.問い合わせに関する評判がよくない

ギガWi-Fiの運営会社である「株式会社メディアサービス」の評判を確認してみました。

運営会社の評判を口コミを確認したところ「電話対応が悪い」「電話に出ない」等、問い合わせに関する評判を多数目にしました。

Googleの会社情報にも批判的な口コミがいくつか記載されています。

気になったので、平日の昼間に2回ほど問い合わせを行ってみたところ、特に違和感なく適切に対応していただいきました。

担当者や時間帯によって差があるのかもしれません。

ただし、問い合わせの際2点、気になる点がありました。

1点目は公式ページに電話番号の記載がない点です。

私が問い合わせた電話番号は、問い合わせフォームからのメールを送信したときに表示された番号。

問い合わせをするまで電話番号が分からないのは不親切です。

人によっては、番号が見つからない時点で問い合わせを諦めるかもしれません。

2点目に気になったのは、他社ポケットWi-Fiの公式サイトと比べてQ&Aが充実していない点。

何か疑問点が湧いたときに、自力で解決できない可能性があります。

口コミの情報と総合して考えると、問い合わせに対して適切な対応をしていない印象です。

会社の運営体制に不安を感じながら、利用するのは不安ですよね。

サポート体制に不安がある会社と契約したくないのであれば、他社のサービスを利用したほうがよいでしょう。

4.利用環境によっては通信速度が遅い可能性がある

「ギガWi-Fiは通信速度が遅い」という口コミをいくつか確認できました。

公式サイトの記載によると、ギガWi-Fiの通信速度は、下り最大150Mbps 上り最大50Mbpsです。

「下り」とは、ダウンロードのスピード「上り」とはアップロードのスピードをいいます。

確かに、UQ WiMAXのポケットWi-Fiは下り速度が1Gbpsを超えるため、比較すると通信速度は劣っていますね。

ただし、同価格帯の他社も下り最大150Mbps 上り最大50Mbpsでサービスを提供しているため、ギガWi-Fiがスペック面で著しく劣っているわけではありません。

私が普段使用しているポケットWi-Fiも下り最大150Mbps 上り最大50Mbpsですが、特に問題なく利用できています。

通信速度が遅いという口コミが見られるのも事実。

通信速度は利用環境や時間帯によって差があるので、ギガWi-FiのポケットWi-Fiは遅いと断言はできませんが、1つの懸念点として注意しておく必要がありそうです。

5.支払い方法はクレジットカードのみ

ギガWi-Fiはクレジットカード払いにしか対応していません。

つまり、クレジットカードがない人は、そもそも契約ができないということです。

対して、他社のポケットWi-Fiは、コンビニ払いや銀行振り込みに対応している場合もあります。

クレジットカードを持っていない人は、他社のポケットWi-Fiを利用するしかありません。

6.海外での利用には向いていない

現在、ギガWi-Fiがメインで取り扱っている端末はMacaroonSEです。

MacaroonSEは国内専用の端末であり、海外での利用はできません。

公式サイトでは「海外での利用が可能」との記載があったので、海外で利用する場合はどうするのかを問い合わせてみました。

問い合わせの結果、現在は海外で利用可能な端末「U3」を積極的に案内しておらず、

もしU3の利用を希望する場合は月額料金が4,000円を超えると説明されました。

MacaroonSEとU3は端末スペックがほとんど同じであるにもかかわらず、月額4,000円も支払うのはコスパが悪いです。

もしU3を海外で利用するとしても、海外利用時には1日1GBで1,200円の追加料金がかかります。

わざわざU3を選ぶよりも空港で借りられるポケットWi-Fiを利用したほうがお得です。

ギガWi-Fiの公式ページでは、海外で利用可能な点をプッシュしていますが、海外で利用するためのWi-Fiには向いていません。

7.クラウドSIMは過去に通信障害を起こしている

ギガWi-FiはクラウドSIMのシステムを採用しています。

クラウドSIMは、過去に通信障害を起こしているため、ギガWi-Fiも今後、通信トラブルがないとは言い切れません。

参考→IT media Mobile

https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2003/31/news125.html

通信できる容量に制限を設けるなどして再発防止の対策を行ってからは、目立った通信障害は起きていないようです。

ただ、それでもクラウドSIMに不安を感じるようだったら、WiMAX回線などの別回線を利用したほうがよいでしょう。

8.解約時に端末代請求のリスクがある

100GB定額プランは端末をレンタルして利用するプランですが、ミニ従量プランは端末を購入して利用するプランです。

ミニ従量プランを契約している間は、割引が適用されているため端末代の請求が行われません。

ただし、ミニ従量プランを2年以内に解約してしまうと、端末代金の残額を支払う必要があります。

ミニ従量プランを2年以内に解約すると金銭面で大きく損してしまうので、契約する際は注意が必要です。

9.お試し期間の実施がない

ギガWi-FIは、お試し期間を用意していません。

他社のポケットWi-Fiでは、30日間ほど無料でお試しできるものも多いです。

一応、ギガWi-Fiは8日以内のキャンセルに対応していますが、1週間程度で見定めるのは難しいのではないでしょうか。

できれば自分のエリアではちゃんと繋がるのか、通信速度は問題ないのか、1カ月ほど使用して確認したいですよね。

お試し期間が用意されていない点も、ギガWi-Fiのデメリットです。

ギガWiFiの口コミや評判を紹介

ここからは、ギガWi-Fiの口コミや評判をご紹介していきます。

ギガWiFiの悪い口コミ

ギガWi-Fiの悪い口コミとして多かったのは、サポート体制に対する不満です。

他には、電波が弱いなどの口コミも見られました。

ギガWiFiの良い口コミ

ギガWi-Fi利用者の良い口コミを探していたところ、上記の口コミを確認しました。

通信速度は問題ないとの口コミも一定数見られますね。

あとは、月額料金の安さに満足している口コミも複数確認できました。

とはいえ、口コミを調査した限りでは悪い口コミのほうが多いなという印象です。

ギガWiFiと他のポケットWiFiを徹底比較!

ギガWi-Fiとサービス内容が似ているものをピックアップして、ギガWi-Fiの優れている点、劣っている点を比較してみました。

今回は以下5社のポケットWi-Fiを比較しています。

  1. ギガWi-Fi
  2. Air Wi-Fi
  3. THE Wi-Fi
  4. Mugen Wi-Fi
  5. Fuji Wi-Fi

選考基準は以下のとおりです。

  • クラウドSIMを採用している点
  • 100GBのプランがある点

比較結果は、表をご覧ください。

ギガWi-FiAir Wi-FiTHE Wi-FiMugen Wi-FiFuji Wi-Fi
月額料金税込2,695円税込3,278円
(サクッとプラン)
税込3,828円税込3,718円税込3,380円
(ちょうどいい
ルータープラン)
事務手数料3,300円3,300円2,200円3,300円3,300円
容量100GB100GB100GB100GB100GB
通信速度上り50mbps
下り150mbps
上り50mbps
下り150mbps
上り50mbps
下り150mbps
上り50mbps
下り150mbps
上り50mbps
下り150mbps
契約期間2年1年or縛りなし
※縛りなしの
場合月額+330円
2年2年or縛りなし
※縛りなしの
場合月額+660円
6カ月
解約料更新月以外の
解約
16,500円
12か月まで
7,700円
14カ月目以降5,500円
10,780円
※25カ月目以降の解約
0円
12か月まで
9,900円
13~24か月目5,500円
25カ月目以降
0円
更新月以外の
解約
4,800円
通信制限月間100GB
超過後
※制限後のスピードについては記載なし
月間100GB
超過後
128kbps
月間100GB
超過後
128kbps
月間100GB
超過後
※制限後のスピードについては記載なし
月間100GB
超過後
128kbps
利用回線docomo
Softbank
au
docomo
Softbank
au
docomo
Softbank
au
docomo
Softbank
au
docomo
Softbank
au
その他「ビューン」という読み放題
サービスが
無料で付く
・30日間の
お試しあり
・30日間の
お試しあり
・30日間の
お試しあり
・10,000円のキャッシュバックあり

比較してみると、ギガWi-Fiの優れている点と劣っている点が明確に見えてきました。

まず、ギガWi-Fiは月額料金の点で優れていることが分かります。

2番目に安いAir Wi-Fiと比較しても500円以上の開きがあるので、ギガWi-Fiのコスパは高いです。

また「ビューン」という読み放題サービスが付く点も、他社には見られません。

ギガWi-Fiの劣っている点は、契約期間の長さと解約金の高さ。

今回比較している5社の中でワーストです。

他社は契約期間の縛りがないプランがあったり、契約期間が1年以内であったりします。

また、お試し期間が用意されていない点でも気軽に契約しにくい内容です。

以上の結果から、以下のような人にギガWi-Fiはオススメします。

  • とにかく月額料金を抑えてクラウドSIMを利用したい
  • 一度契約したら長期的に契約を続けるつもり
  • 運営会社のサポートに期待していない

多少リスクはあるものの、月額料金を最優先にしてポケットWi-Fiを選ぶのであればギガWi-Fiはおすすめですね。

ギガWiFiの申し込み方法

ここからは、ギガWi-Fiの申し込み方法について解説します。

電話申し込みと、WEB申し込みの2種類がありますが、今回はWEB申し込みの手順について解説します。

1.公式ホームページの「WEBで申し込み」をクリック。

まずはギガWi-Fiの公式サイトへアクセスします。サイトを開いたら、トップページの右上に「WEBでお申込み」というボタンがあるのでクリックしてください。

2.住所の入力

WEB申し込みのページに移動します。自宅の郵便番号と住所を入力して「次のステップへ」をクリックしてください。

3.クレジットの有無、プランの選択

クレジットの有無を答えます。ギガWi-Fiはクレジットカードがないと契約できないため、注意が必要です。

次に、希望プランを選択します。

ミニ従量プランを希望の方は、左の「20GB従量」を選択してください。

定額プランを希望の方は「100GB」を選択してください。

選択が完了したら「次のステップへ」をクリックします。

4.個人情報の入力

名前や生年月日等の情報を入力します。

全て入力し終わったら、チェックボックスの内容を確認し、問題なければチェックを入れてください。

入力完了後「確認する」をクリックします。

5.内容の確認

入力した内容の確認を行います。問題がなければ「送信する」をクリックしてください。

6.決済情報の登録

情報を送信後、クレジットカードと身分証の画像をアップロードするURLが届くのでリンクをクリックし、画像のアップロードを行ってください。

7.最終確認

契約内容を確認する電話がかかってきます。このとき、通信エリアの確認も同時に行われます。問題がなければ契約完了です。

8.発送

端末の発送が行われます。最短で即日です。希望する日時があれば事前に伝えてください。

9.利用開始

端末が到着次第、ポケットWi-Fiの利用が開始できます。

ギガWiFiの利用はデメリットを把握してからにしよう

ギガWi-Fiの魅力は、月間100GBのLTE回線を低価格で利用できる点にあります。

もし、コスパ良くポケットWi-Fiを利用したいのであれば、ギガWi-Fiの利用はオススメです。

ただし、メリットばかりを考えて契約すると後悔してしまう可能性があります。

運営体制やサポートに関する悪い口コミが多いからです。

なにか問題が発生したとき、迅速に問題が解決できない可能性があります。

問い合わせた印象としても、公式ページでの記載とオペレーターとの発言に食い違いがあるなど、疑問を抱く点がいくつかありました。

サポート体制や運営会社に不安を感じることなくポケットWi-Fiを利用したいのであれば、他社サービスを利用したほうがよいです。

ギガWi-Fiのメリットとデメリットを冷静に比較した上で、それでもメリットの方が勝っているなら、利用する価値はあります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次